■ 英語活動のねらい
 
 
 本校の英語活動のねらい 
 
 音声を中心とした英語活動を通して英会話コミュニケーションの基礎的な力を育てるとともに,言葉や文化についての興味・関心を培う。
 

このねらいは,次の3つの柱から成り立っている。

  1. 英語活動を積極的に楽しもうとする態度を育てること。
  2. 相手の思いを理解したり,自分の言いたいことを伝えたりするコミュニケー ション能力の基礎を育てること。
  3. 英語活動を通して,言葉や文化について興味・関心をもつこと。
     

@の「英語活動を積極的に楽しもうとする態度」とは,日本語とは異なる英語の音声に触れ,身近な英語や簡単な英語表現に慣れて,英語を使ったさまざまな活動を楽しもうとする態度である。

Aの「理解したり伝えたりしようとするコミュニケーション能力の基礎」とは,主に英語を聞いたり話したりする音声によるコミュニケーション能力のことである。また,それらを補う非言語コミュニケーション手段(ジェスチャー,表情,声の調子など)もこれに含まれる。

Bの「言葉や文化についての興味・関心」とは,英語の背景となる外国の生活や文化に興味・関心をもったり,英語によるコミュニケーションを通して外国の人に親しみをもち,思いやりの気もちをもって接することである。
 
 ■ 低中高学年別の目標
 

 

低学年

中学年

高学年

@英語活動を積極的に楽しもうとする態度

・英語を聞いて全身で楽しむ。
 

・英語を聞いたり話したりする活動を楽しむ。

・さまざまな人と英語でコミュニケーションすることを楽しむ。

A理解したり伝えたりしようとするコミュニケーション能力の基礎


 

・身近な単語や簡単な英会話を聞いたり話したりする。



 

・日常のことや身近なことについての英語を聞いて理解しようとする。
・簡単な会話表現を使って自分のことを伝えようとする。

・相手が伝えようとすることを類推しながら聞く。
・簡単な会話表現を使って自分の思いを工夫しながら表現しようとする。

B言葉や文化についての興味・関心



 

・外国の人に親しみをもって接する。
・外国の遊びや行事に楽しく触れる。

 

・外国の人に親しみをもって接する。
・外国や日本の遊びや行事,生活習慣を体験し,興味をもつ。
 

・外国の人に思いやりをもって接する。
・外国や日本の生活や文化を比較し,違いや普遍性に気付く。