■ 情報教育のねらい
 
 
 情報教育のねらい 

  子どもが自ら考え,主体的に判断,表現,行動するなど,子どもが主体的に学ぶために「情報活用能力」を育成する。
 

情報教育のねらいは,次の3つの柱から成り立っている。


@ 情報活用の実践力
 課題や目的に応じて情報手段を適切に活用することを含めて,必要な情報を主体的に収集・判断・表現・処理・創造し,受け手の情報などを踏まえて発信・伝達できる能力

A 情報の科学的な理解
 情報活用の基礎となる情報手段の特性の理解と,情報を適切に扱ったり,自らの情報活用を評価・改善するための基礎的な理論や方法の理解

B 情報社会へ参画する態度
 社会生活の中で情報や情報技術が果たしている役割や及ぼしている影響を理解し,情報モラルの必要性や情報に対する責任について考え,望ましい情報社会の創造に参画しようとする態度
 
 ■ 総合的な学習の時間における「情報基礎」の位置づけ

(1) 基本的な考え方
 コンピュータおよび各種情報機器およびメディア環境を活用し,情報活用能力を育成することは,全教科・領域において行われるべきものであるが,その基本となる基礎操作や基礎知識については発達段階に応じた系統的な指導が必要である。本校においてはこの指導を総合的な学習の時間(低学年は主に生活科)に「情報基礎」として位置づけ指導を行う。

(2) 発達段階と指導内容・領域の関係
 各発達段階ごとの指導内容を次の3段階に分けて考える。

 第T段階(試す段階・シミュレーション)
 コンピュータ活用の中心的なアプリケーションなるワープロソフト,お絵かきソフトを中心に,操作や機能に親しみ表現手段の広がりを楽しむ段階とする。子ども達自身が試行錯誤しながらコンピュータに触れ,その機能などに慣れ親しむようにする。また,互いの気づきを教え合ったり友達の作品の良さに目を向けたりする態度の育成を図る。

 第U段階(表現する段階・プレゼンテーション)
 デジタルカメラやビデオ,インターネットなどの情報収集手段の扱いを習得し,各種アプリケーションソフトを活用して自分の考えを表現することを目指す段階とする。各種機器の良さやアプリケーションソフトによる表現の違いを知り,より良く自分の考えを伝えるための工夫をすることができるようにする。また,正しい情報を発信しようとしたり相手を意識して発信しようとしたりする態度の育成を図る。

 第V段階(交流する段階・コミュニケーション)
 教科・領域の活動で発信した情報をお互いに交換したり情報に対する意見を交換したりしながら自分の考えを確かめたりより良いものにしていこうとする段階とする。情報の収集,発信,共有,共同学習などの活動を通して,高度情報化社会に求められる情報リテラシーの基礎に触れさせていくようにする。また,ネットワーク上でのコミュニケーションの在り方や個人情報,著作権などに対する正しい理解と情報の発信者としての責任感の育成を図る。