■ 平成17年度 機器活用技能習得のための年間計画表(各学年10h程度)

□ 年間計画作成上の配慮事項

○低・中・高学年での運用を考え,同じ技能を反復履修できる計画にしている。

○発達段階表に照らした活動を計画的に入れている。

○どの学期に配置するかは,学年裁量として各教科や総合的な学習の時間との関連を図りやすくしている。


学年
低学年 中学年 高学年  
目標
第T段階(試す段階・シミュレーション)
 コンピュータ活用の中心的なアプリケーションなるワープロソフト,お絵かきソフトを中心に,操作や機能に親しみ表現手段の広がりを楽しむ段階とする。子ども達自身が試行錯誤しながらコンピュータに触れ,その機能などに慣れ親しむようにする。また,互いの気づきを教え合ったり友達の作品の良さに目を向けたりする態度の育成を図る。
第U段階(表現する段階・プレゼンテーション)
 デジタルカメラやビデオ,インターネットなどの情報収集手段の扱いを習得し,各種アプリケーションソフトを活用して自分の考えを表現することを目指す段階とする。各種機器の良さやアプリケーションソフトによる表現の違いを知り,より良く自分の考えを伝えるための工夫をすることができるようにする。また,正しい情報を発信しようとしたり相手を意識して発信しようとしたりする態度の育成を図る。
第V段階(交流する段階・コミュニケーション)
 教科・領域の活動で発信した情報をお互いに交換したり情報に対する意見を交換したりしながら自分の考えを確かめたりより良いものにしていこうとする段階とする。情報の収集,発信,共有,共同学習などの活動を通して,高度情報化社会に求められる情報リテラシーの基礎に触れさせていくようにする。また,ネットワーク上でのコミュニケーションの在り方や個人情報,著作権などに対する正しい理解と情報の発信者としての責任感の育成を図る。
活動
@コンピュータ・スイッチオン
Aマウスレッスンであそぼう(1年生のみ)
Bお絵かきソフトで絵をかこう(1)
Cお絵かきソフトで絵を描こう(2)
Dもじを書いてみよう(1)
Eもじを書いてみよう(2)
Fカードや手紙をつくろう(1)
Gカードや手紙をつくろう(2)
Hデジタルカメラで遊ぼう(1)
Iデジタルカメラで遊ぼう(2)
@文章をかこう(かな・ローマ字)
Aインターネットに触れてみよう(閲覧・検索)
B電子メールを使ってみよう
Cデジカメやスキャナーで画像を取り込もう(1)
Dデジカメやスキャナーで画像を取り込もう(2)
E画像を使って作品を作ろう(1)
F画像を使って作品を作ろう(2)
Gインターネットのしくみや注意
H学級のホームページをつくろう(1)
I学級のホームページをつくろう(2)
@著作権や個人情報保護について
Aチャットや掲示板でおはなししよう
Bデジタル紙芝居をつくろう(1)
Cデジタル紙芝居をつくろう(2)
Dデジタル紙芝居をつくろう(3)
Eビデオで作品をつくろう(撮影)
Fビデオで作品をつくろう(鑑賞)
Gデータベースをつかってみよう(1)
Hデータベースをつかってみよう(2)
I個人やグループのホームページをつくろう