学校いじめ防止基本方針
 
岡山市立吉備中学校
 
1 いじめの防止についての基本的な考え方
 いじめとは,生徒に対して,一定の人間関係にある他の生徒が行う心理的または物理的な影響を与える行為であり,その行為の対象となった生徒が心身の苦痛を感じているものである。
 いじめは,いじめを受けた生徒の心身に深刻な影響を及ぼし,生命や身体に重大な危険を生じさせるおそれのある許されない行為である。いじめはどの生徒にも起こりうる,どの生徒も被害者にも加害者にもなりうるという認識のもとに,全教職員が共通理解を図り,組織的に対応していくことが重要である。
 
2 いじめ防止対策組織
 「いじめ防止対策委員会」を設置し,いじめの防止等の組織的な取り組みを推進する。また,いじめに関する問題を特定の教員が抱え込むことのないよう,組織として対応する。
 校長,副校長,教頭,生徒指導主事,各学年主任,各学年生徒指導係,養護教諭で構成し,必要に応じて,スクールカウンセラー,子ども相談主事,いじめ専門相談員等を加える。
 
3 いじめの防止等に関する具体的な取り組み
 1)いじめの未然防止
  @生徒が主体的に参加・活動できるような授業づくりや集団づくりに努める。
  A学校の教育活動全体を通じ,生徒の自己有用感を高められる機会を充実させる。
  B学校の教育活動全体を通じ,人権教育,道徳教育の充実を推進する。
  Cいじめ(インターネット等によるいじめを含む)について,校内研修や職員会議で 積極的に取り上げ,平素からの共通理解を図るとともに,生徒,保護者に対しても 周知徹底を図る。
 
 2)いじめの早期発見
  @登校指導や下校指導,休み時間の校内巡視,生活ノートの活用など,日常的な観察場面を増やし,生徒の様子に目を配り,些細な変化にも気づけるようにする。
  Aアセスメントツール(ASSESS)を学期に一度実施し,生徒理解に努める。
  B定期的なアンケート調査(学期に1回程度)や教育相談の実施等により,生徒がいじめを訴えやすい体制を整え,いじめの実態把握に努める。
  C生徒およびその保護者,教職員がいじめに関する相談を行うことができる体制を整備する。
 
 
 
 
 3)いじめへの対処
  @いじめの相談や訴えがあった場合には,真摯に受け止め,内容を軽視することなく傾聴する。また,いじめられた生徒や訴えてきた生徒の安全を確保するよう努める。
  A発見・通報を受けた教職員は,直ちに「いじめ防止対策委員会」に報告し,情報を共有する。その後は,「いじめ防止対策委員会」が中心となり,組織的に対応する。
  B関係生徒から事情を聴き取るなどして,いじめの事実の確認を行う。
  Cいじめの事実が確認された場合は,いじめをやめさせ,その再発を防止するために,いじめた生徒に対する指導と,その保護者に対する助言を行うとともに,いじめられた生徒とその保護者に対する支援を行う。
  Dいじめが起きた集団に対してはたらきかけを行い,いじめを当事者だけの問題ではなく全体の問題として考えられるようにし,いじめを見過ごさない,生み出さない集団づくりに努める。
  E犯罪行為として取り扱われるべきいじめについては,岡山市教育委員会及び岡山西警察署等と連携して対処する。
 
4 重大事態への対処
 1)重大事態とは
  @いじめにより生徒が生命,心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。
   例) 生徒が自殺を企図した場合
      身体に重大な障害を負った場合
      金品等に重大な被害を被った場合
      精神性の疾患を発症した場合    等
  Aいじめにより生徒が相当の期間,学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。(年間30日が目安)
 
 2)重大事態への対処
  @重大事態が発生した旨を,岡山市教育委員会に速やかに報告する。
  A岡山市教育委員会と協議の上,該当事案に対処する組織を設置する。
  B上記組織を中心として,事実関係を明確にするための調査を実施する。
  C上記調査結果については,いじめを受けた生徒・保護者に対し,事実関係その他の必要な情報を適切に提供する。
 
5 学校の取り組みに対する検証・見直し
 1)学校いじめ防止基本方針をはじめとするいじめ防止の取り組みについては,PDCAサイクルで見直し,実効性のある取り組みとなるように努めていく。
 2)いじめの実態把握及びいじめに対する措置を適切に行うため,学校評価にいじめ防止の取り組みについての項目を加え,適正に自校の取り組みを評価する。
 
平成26年4月1日 施行
平成30年2月7日 改正