岡山市立古都小学校の紹介
「古都」をひらがなで書くと,正しくは「こづ」になるそうです。それは明治7年に「古津小学校」と称したことに由来するようです。ちなみに現在の「古都」と称したのは,明治10年からです。
1.古都学区の概要(がいよう)
  学区の南北にはなだらかな丘陵が続き,こ

の間に地味肥沃な耕地が広がっている。丘陵

の山腹はよく開墾され,美しいぶどう園が山肌

をおおい,一連の果樹園になっている。また,

当地は,往年の山陽道筋で,宿場・本陣の跡・

一里塚等が残り,今も昔がしのばれる
運動会風景
名産ピオーネ   現在は,学区の中央を山陽新幹線・山陽本線の2本の鉄道と国道250号線が東西に走り,赤穂線が南西部を通っている。また,JR東岡山駅に近く,250号線には宇野バスが運行されており,交通の便に恵まれている。
250号線沿いには,各種工場や住宅,店舗が並び,東岡山工業地帯と呼ばれている。


(平成15年度 学校要覧より 抜粋)
2.学校教育目標  「心豊かにたくましく生きる児童の育成」
《めざす古都の子どもの姿》

心豊かにたくましく
生きる児童の育成


元気な子

やさしい子

考える子
校庭の桜
トップページへ戻る トップページへ