学校の沿革

明治20年5月 太伯,幸島,朝日,大宮の4か村学校組合立として幸島村大字西幸崎187番地に
        設立
昭和22年3月 進学制により山南中学校に改組発展するため廃校
昭和22年3月 邑久郡幸島村,太伯村,朝日村,大宮村組合立山南中学校として設立認可
昭和22年4月 有隣高等小学校柴田利男が初代校長に補せらる。分校を朝日村犬島小学校内におく
昭和24年5月 南水門町20番地に校舎平屋建1棟(6教室)新築落成。第3学年が移転。校歌制定
昭和25年7月 2階建て校舎増築。第2学年が移転
昭和25年9月 犬島分校新校舎及び運動場竣工
昭和27年4月 本館新築落成により旧有隣校舎を廃し新校舎に全生徒を収容
昭和28年2月 町村合併により校名を西大寺市,朝日村,大宮村組合立山南中学校と改称
昭和30年1月 西校舎(元有隣校舎)移転落成
昭和30年4月 町村合併により西大寺市,大宮村学校組合立山南中学校と改称
昭和31年2月 大宮村が西大寺市に合併により西大寺市立山南中学校と改称
昭和31年4月 犬島分校独立
昭和32年4月 福間一校長就任(二代校長)
昭和34年3月 体育館竣工
昭和34年9月 プール式防火用水槽竣工
昭和36年2月 技術教室竣工
昭和36年4月 岩崎武男校長就任(三代校長)
昭和37年8月 理科教室改装
昭和38年4月 特殊学級開設
昭和41年11月 安全教育優良校として表彰
昭和42年4月 徳田康正校長就任(四代校長)
昭和42年10月 バレー,テニスコート新設(20周年記念)
昭和44年2月 岡山市合併にともない岡山市立山南中学校と改称
昭和45年4月 小坂浩一校長就任(五代校長)
昭和45年10月 体育館廊下屋根完成  山南の校章
昭和48年3月 校門(中央,東)門扉開設
昭和48年5月 自転車置き場新設
昭和49年4月 福島明丸校長就任(六代校長)
昭和49年10月 体育倉庫完成
昭和49年12月 通用門,体育館南門扉完成
昭和51年3月 給食棟および附属工事完成
昭和51年6月 完全給食開始
昭和52年4月 吉田一夫校長就任(七代校長)
昭和52年9月 校舎(理科,音楽,美術,技術各教室)改造工事完成
昭和53年7月 プール浄化装置・改良工事完了
昭和55年3月 部屋(6室)完成
昭和55年4月 石田武彦校長就任(八代校長)
昭和55年4月 自動火災報知器設置
昭和55年9月 プールハウス新設
昭和57年4月 部室(5室)完成
昭和60年5月 自転車置場(1棟北)新設
昭和60年11月 新校舎起工式(北幸田)
昭和61年4月 柏葉守生校長就任(九代校長)
昭和61年11月 新校舎に移転完了(509−1)
昭和62年3月 新校舎竣工式
平成 2年4月 那須俊之校長就任(十代校長)
平成 3年4月 犬島中学校区を廃止し,山南中学校区に編入
平成 3年9月 岡山市教育委員会より「子どもの人づくり」推進協力団体にPTAが指定
平成 5年3月 「藤棚」設置
平成 5年4月 徳田耕一校長就任(十一代校長)
平成 6年3月 「時計」(校門正面,中庭)設置(卒業生寄付)
平成 8年2月 ジャンボ巻き寿司に挑戦 ギネスブックに申請
平成 8年3月 「校章」(南棟玄関上)設置(卒業生寄付)
平成 8年4月 谷口正美校長(十二代校長)
平成 9年11月 創立50周年記念式典
平成11年4月 上岡克成校長就任(十三代校長)
平成11年4月 特殊学級開設
平成15年4月 河上忠俊校長就任(十四代校長)
平成16年4月 特殊学級(情緒障害)開設
平成16年12月 「教育の情報化」実践モデル校粋人事業に指定され,ノートパソコン40台設置
平成18年4月 藤原興介校長就任(十五代校長)

平成20年4月 修学旅行を北九州方面から沖縄に変更
平成22年4月 長野薫校長就任(十六代校長)
平成25年4月 下村和男校長就任(十七代校長)