教育活動

学校教育目標

学校教育目標

年間行事予定表

特別支援教育

本校では、授業や学級経営の中に「特別支援教育の視点」を反映させることで、「特別な支援」を必要としている児童だけでなく、学級全体の児童への「かかわりや支援」に発展させたいと考え、取り組んでいます。

  • コーディネーター通信

人権教育

高島小学校人権教育目標

(1) 一人一人の基本的人権を尊重し,身の回りの差別に気づき,みんなの力で解決する子どもを育てる。
(2) 一人一人を大切にし,励まし合いながら基礎的学力を高める子どもを育てる。
(3) 基本的生活習慣を身につけ,自分のことは自分でできる自主的な生活をする子どもを育てる。

道徳教育

道徳教育の重点目標

(1) 目標に向かって粘り強くやり遂げる子どもを育てる。
(2) 思いやりの心をもち,助け合って行動する子どもを育てる。
(3) 自他の生命を尊重し,命あるものを大切する子どもを育てる。
(4) 社会のきまりを守り,進んでみんなのために役立つ子どもを育てる。

生徒指導

生徒指導の基本方針

○児童一人一人の健全な発達を目指すとともに、学校生活が有意義で充実したものとなるように支援する。

○指導にあたっては、全職員が全児童に対して、あらゆる領域の中で児童との信頼関係を図るための全体指導と児童一人一人に即した個別指導との両面から進めていく。

●重点項目は(1)望ましい人間関係の育成(2)基本的生活習慣の育成(3)不安や悩みの解消(4)健康で安全な生活態度の形成(5)家庭・地域社会との連携である。

  • いじめ基本方針
  • コーディネーター通信

防災教育

防災教育に関して

本校学校防災計画について,以下の目的のもとに各種点検及び訓練を実施している。

1 地震等による被害を最小限のものとするために,学校の施設・設備等の点検・整備を行う。
2 児童等が地震等の災害から自らの生命を守るために,安全な行動をとる能力や態度を育てるよう指導を行う。
3 災害が発生した場合,児童等の避難誘導や学校が避難所となる場合の対応を含め適切な処置がとれる体制を整える。

緊急時の対応PDF

すくすくプロジェクト

家庭学習すくすくプロジェクト

落ち着いて,進んで学ぶことができるようにするためには,睡眠時間の確保や食事などが必要となります。そこで,高島小学校では,二つの取り組みをしています。一つめは,連絡ノートの「すくすくチェック」により,毎日の睡眠や食事,家庭学習の時間など自分の生活を振り返る機会をつくっています。二つめは,家族そろって取り組めるように学期に一度「すくすくウィーク」を設けて睡眠や食事,学習がしっかりとできるようにしています。

また,学校では,自主学習に取り組めるように,声かけをするとともに,校内に自主学習の取り組みを掲示し意欲づけになるようにしています。

ページの先頭へ

copyright(c) 岡山市立高島小学校 All Right Reserved.