津島小学校 校長  山 本 和 明   
いきいきと共に学び合う津島っ子
             津島小学校は,昭和46年(1971年)4月に伊島小学校から分離開校した,もうすぐ創立50年を迎える学校です。大規模校で,平成30年度は,全30クラスでスタートしました。
 学区は岡山市街地北部の半田山の南一帯の自然豊かで静かな住宅地に位置しています。学区及びその近くには,岡山大学,岡山商科大学,岡山理科大学などがあり教育機関の多い文教地区となっています。学区の皆様,保護者の皆様の教育への関心も高く,学校への深い理解と厚い支援は充実した教育活動につながっています。また,岡山市重要無形民俗文化財指定の「津島はっさく踊り」が江戸時代から綿々と受け継がれたり,ESDの取り組みが地域として進められたりするなど地域の伝統や環境を大切にする文化は,子ども達に引き継がれています。

   グローバル化が進むこれからの時代を生きる子どもには,様々な人とつながりをもって,違いを受け入れたり互いを尊重したりしながら自分の良さを発揮して生きていくことが求められます。友達とのつながりのなかで対話的に学び考えを深めたり,地域とのつながりを生かした豊かな体験を通して郷土の良さを学んだりすることが次代を担う子どもの育成につながると考えています。「つながり」を大切にして,友達と共に,地域と共にいきいきと学ぶ津島っ子の育成に取り組んでいきたいと思います。